もりありさセレクト③(ドイツで買ってよかったもの編)

ゲッティンゲン生活

もりありさセレクト③【ドイツで買ってよかったもの編】

もりありさセレクト③【ドイツで買ってよかったもの編】

QKK WiFiホームプロジェクター

我が家は映画鑑賞やスポーツ観戦が大好きなので、コスパ最強のプロジェクターを導入してホームシアターを始めました。

 

ホームシアターを始めるのに必要だったものは、以下の3つです。

  • プロジェクター
  • Fire TV Stick
  • 遮光カーテン

 

大迫力のプロジェクターでは、本当に映画館にいるような感覚が味わえます。

初めてということもあり、安めのプロジェクターを購入したので、音質や画質が心配だったのですが、全く問題なく、快適に使用できています。

スクリーンが付属していますが、白い壁でも綺麗に投影できるので使っていません。

 

 

Fire TV Stick

ひきこもりの必需品、Fire TV Stickです。

Fire TV Stickを繋げることで、プロジェクターでもNetflixやYoutubeを観ることができるようになるため、プロジェクターとFire TV Stickはセットで購入することをおすすめします。

私は毎日映画や動画を物凄い勢いで観ているので、ホームシアターを始めたことでとてもQOLが上がりました。

 

 

取っ手のとれるT-fal「インジニオ・ネオ IHハードチタニウム・プラス セット6」

志麻さんのレシピ本でもおすすめされていた、ティファールの取っ手がとれる鍋とフライパンのセット。

取っ手がとれるだけで、洗いやすいし収納しやすいしで良いこと尽くめです。

 

 

Zwilling  三徳包丁 

包丁は毎日使うものなので、高くても良いものを買おうと思っていました。

こだわったのは、錆びにくいステンレス製であることと使いやすさです。

様々な種類の包丁を検討してついに見つけたのが、ドイツの有名なキッチン用品ブランド「Zwilling(ツヴィリング)」が日本で作った三徳包丁です。

使い慣れた日本の包丁と似た形なのでとても使いやすく、気に入っています。

 

 

NIVEA Q10 ボディーローション

日本未上陸のニベアQ10シリーズ!

このボディーローションは、保湿力もあって香りも強すぎないので毎日愛用しています。

余ったものは手につけてハンドクリームのように使っています。

 

 

NIVEA Q10 フェイスクリーム

こちらは、ニベアQ10シリーズのフェイスクリームです。

私はドイツに来てからメイクをしなくなりましたが、日焼けはしたくないので、外に出るときはこのフェイスクリームを日焼け止め代わりに塗っています。

 

 

Lavera(ラヴェーラ) ミセラーウォーター

ミセラーウォーターは、クレンジング・洗顔・化粧水の3 in1なので、メイク落としと洗顔料の二役をこなし、洗い流す必要もないという超画期的な商品です。

私はドイツでミセラーウォーターに出会ってから、すっかりはまってしまい、それ以来ずっと使用し続けています。

ラヴェーラのミセラーウォーターは、オーガニック原料でできているため、香りも使用感も優しくとても使い心地が良いです。

 

 

『Deutsch als Fremdsprache』

『Deutsch als Fremdsprache』は、ドイツ語で書かれたドイツ語の参考書です。

文法を練習問題を解きながら学ぶことができます。

ドイツ語学習者に人気で、実際に周りにも使っている人が多い王道の参考書です。

 

『Grammatik aktiv』

『Grammatik aktiv』は、ドイツの語学学校で使っていました。

カラーでイラストもあるので、親しみやすいです。

細かく単元が分かれているので、一つずつ理解しながら進むことができ、とても気に入っています。

 

まとめ

今回は、ドイツで買ってよかったものをご紹介しました。

 

これでひとまず、もりありさセレクト①〜③完結です!

随時更新しているので、ぜひまたのぞきに来てもらえると嬉しいです!

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました