日帰りで世界遺産カッセル(Kassel)に行ってきた!

ゲッティンゲン生活

日帰りで世界遺産カッセル(Kassel)に行ってきた!

日帰りで世界遺産カッセル(Kassel)に行ってきた!

二度目のドイツ国内旅行

ドイツ・ゲッティンゲンに移住してからというもの、ロックダウンが続いていたためしばらくひきこもっていましたが、前回のハン・ミュンデン旅行でドイツに住んでから初めての国内旅行をすることができました!

 

そして今回は、日帰りで世界遺産のカッセルに行ってきました!

 

 

カッセル

カッセルとは

カッセルは、グリム兄弟が暮らしたメルヘン街道の首都として有名です。

2013年には、ヴィルヘルムスヘーエ城公園が世界遺産に登録されました。

 

カッセルはゲッティンゲンからICEで20分

カッセルはゲッティンゲンからのアクセスが良く、ICE(特急)で約20分、DB(普通電車)で約1時間で行くことができます!

そのため日帰りで旅行することができたのです。

こんなに近くに世界遺産があったなんてびっくりです。

 

ヴィルヘルムスヘーエ城公園

ヴィルヘルムスヘーエ城公園へ

カッセル市内からトラムに乗ってヴィルヘルムスヘーエ城公園へ向かいます。

ヨーロッパ最大規模の山の公園は、とても綺麗に整備されていて美しいです。

こちらはヴィルヘルムスヘーエ城からの景色。

そして、私たちは正面に小さく見えるヘラクレスの像を目指して登ります!

 

ヘラクレスの像を目指して登る

ヘラクレスの像を目指して登り始めると、ゲームの世界に迷い込んだかのような非現実的な光景が広がっています。

登り坂は大変ですが、自然や建物がとても美しいので楽しみながら登ることができます。

子どもや犬を連れて登っている方も多く、その元気さに癒されました。

自然のエネルギーを感じられます。

なんだかジブリの映画に出てきそうな感じです。

遠くに見えるのがヴィルヘルムスヘーエ城です。

まだまだ上に登ります。

 

中間地点でビール休憩

中間地点ですが、空も晴れてものすごく綺麗でした。

この近くにレストランがあり、疲れた私たちはビールで乾杯しました。

疲れた身体にビールが染みます。

 

まだまだ登る

しばらく休憩をして、また登り始めます。

上から見える景色も最高です!

ヘラクレスの像が近づいてきました。

「水の芸術」と呼ばれる水のショーでは、ここに上から水を流すようです。

想像しただけでもすごい迫力がありそうなことがわかります。

もうあと少しです。

登り坂や階段がずっと続いて辛いですが、上を見ても下を見ても美しい景色が広がっているので頑張れます。

この石の階段が最後はかなりきついです。

もうヘラクレス像はすぐそこです。

 

頂上からの景色は絶景!

そして、ついに登頂!

頑張って登った甲斐がありました。

登ってきた道のりやヴィルヘルムスヘーエ城、カッセル市内まで見渡すことができます。

カッセル、素晴らしいところでした。

 

 

まとめ

今回は、世界遺産カッセル日帰り旅行についてお伝えしました。

2021年は9月30日から10月3日まで「水の芸術」と呼ばれる水のショーが開催されるようなので、これを観に、ぜひまたカッセルへ行きたいです。

ゲッティンゲンの近くに、こんなに素敵なところがあるなんて驚きました。

 

たまにやってくるドイツイヤイヤ期でも、こうやって旅行に出かけるとやっぱりドイツはいいところだなと思えます。

これからもいろいろな場所に出かけていきたいです!

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました