ティティ湖とトリベルクで自然を満喫(黒い森旅行④)

ゲッティンゲン生活

ティティ湖とトリベルクで自然を満喫(黒い森旅行④)

ティティ湖とトリベルクの滝で自然を満喫

こちらの記事で、4泊5日のドイツ黒い森地方旅行記①〜⑥をまとめています。

 

前回の自転車に乗って環境先進都市フライブルク観光編に続いて、今回はティティ湖とトリベルクで自然を満喫編です!

 

ティティ湖

フライブルクから電車でティティ湖へ行きました。

とても良い天気で、リゾートに来たかのような気持ちになりました。

おみやげやさんやレストラン、アイスカフェなどが立ち並び、賑わっています。

まるでビーチのように楽しんでいる人々がたくさんいました。

水が透明で、私も思わず飛び込みたくなりました。

私たちはボートに乗って、ティティ湖を楽しみました。

これぞ夏!という雰囲気を味わうことができてとてもよかったです。

 

 

トリベルク

ティティ湖からNeustadt駅まで電車、その後はバスでトリベルクへ向かいます。

トリベルクは森の中にあるため非常にアクセスが悪く、バスに3時間も乗っていました。

バスから黒い森の豊かな自然や馬や牛などを見られることが救いでした。

カッコー時計

トリベルクで有名なのが、木彫りのカッコー時計です。

たくさんのカッコー時計がおみやげとして販売されています。

お店の奥には、一番高価なカッコー時計も展示されていました。

 

トリベルクの滝

カッコー時計と同様に有名なのが、トリベルクの滝です。

ドイツで一番大きい滝だそうです。

水のしぶきが感じられるくらい近くで見ることができました。

滝自体は日本が誇る華厳の滝の方が断然大きくて迫力もあると思いましたが、滝を囲む自然や滝周辺のハイキングコースが緑豊かで楽しかったです。

近くにある黒い森博物館もおもしろかったです。

 

 

NEXT

続いては、島全体が世界遺産なのになぜか観光地化されていないライヒェナウ島を楽しむ
です!

 

4泊5日のドイツ黒い森地方旅行記まとめ

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました