ドイツ6月の服装【ゲッティンゲンのマンスリーコーデ】

ファッション

ドイツ6月の服装【ゲッティンゲンのマンスリーコーデ】

ゲッティンゲンのマンスリーコーデ

ゲッティンゲンのマンスリーコーデとは

ドイツの気候や服装など現地の様子について気になっている方へ、ドイツでのリアルなコーディネートを月に一回【ゲッティンゲンのマンスリーコーデ】として紹介しています。

ドイツの真ん中に位置するゲッティンゲンは、ドイツの中でも寒すぎず暑すぎないちょうど良い地域なので、ドイツの平均的な気候や服装として参考にしていただけると嬉しいです。

 

4・5月編は一時帰国中だったためお休み

4・5月は日本に一時帰国していたためお休みしていました。

 

今回は6月編

というわけで、3月に続いて6回目の今回は、4・5月編を飛ばして6月編です。

 

ゲッティンゲン6月の気候

6月のゲッティンゲンは、もはや夏!

毎日とても良い天気なので、思わず外に出てアイスを食べたくなります。

日本ほど湿度も高くなく、カラッとしていて暑すぎません。

本当に過ごしやすい季節です。

夜22時くらいまで明るいので、1日がとても長く感じます。

個人的に一番好きな季節かもしれません。

 

ドイツ6月の服装

デニム×Tシャツの爽やか定番スタイル

オーストラリアの「seed」で買ったショート丈白Tシャツと「Mila Owen」のハイウエストデニムを合わせた王道のデニム×白Tコーデです。

ショート丈Tシャツとハイウエストデニムの組み合わせは、毎日スニーカーを履いている私でも多少の脚長効果を実感できるので気に入っています。

6月のほとんどはこのようにデニム×Tシャツコーデで過ごし、日焼け防止のためパーカーや薄手のYシャツを持ち歩いていました。

日差しが強いので、サングラスや帽子もあると便利です。

 

ゆったりTシャツをインしてスタイルアップ

スヌーピーのカーキTシャツはドイツの「s. Oliver」、ハイウエスト黒スキニーパンツは「DRESSLAVE」で購入しました。

少しでも脚を長く見せたい私は、Tシャツを黒スキニーにインして着ています。

「s. Oliver」はドイツのカジュアルファッションブランドの中でも、私の好みに合った服が揃っているのでよくのぞいています。

このTシャツは触り心地と程よくゆるっととしたシルエットが良すぎて即決しました。

個人的に、暑い日はぴったりとした服よりもなるべく風が通るゆとりのある服が着たくなります。

黒スキニーは先ほどのデニムと同様に、ハイウエストかつ裾の前後で長さが違い足首がチラ見えするところが気に入っています。

この時期のドイツの人々は、私のような格好の人が大半で、特に若者は袖なし×ショートパンツやヨガウェアのような格好で肌見せしていたり、裸足で歩いている人もいたりします。

 

なんだか変わり映えしなくて申し訳なくなってきましたが、これらが私の本当にリアルな毎日コーデなのでした。

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました