コロナ禍のドイツ移住後手続き体験記②(格安プリペイドSIMカードALDI TALKで電話番号取得)

ゲッティンゲン生活

コロナ禍のドイツ移住後手続き体験記②【格安プリペイドSIMカードALDI TALKで電話番号取得】

コロナ禍のドイツ移住後手続き体験記【ALDI TALKで電話番号取得】

こちらの記事で、コロナ禍のドイツ移住後手続き体験記①〜④をまとめています。

 

今回は、②格安プリペイドSIMカードALDI TALKで電話番号取得編です!

 

 

格安プリペイドSIMカードALDI TALK

プリペイドSIMカードとは

プリペイドSIMカードとは、毎月使う分だけチャージして利用するSIMカードです。

契約の場合は、何もしなくてもそのまま使い続けることができますが、プリペイドの場合は、4週間毎に自分でチャージをする必要があります。

しかし、1ヶ月間使う予定がなければその月はチャージする必要がなく、料金はかかりません。

1ヶ月縛りのあるSuicaのようです。

スマホ代をできるだけ安く抑えたい人にはプリペイドSIMカードが断然おすすめです。

 

プリペイドSIM開通に必要なもの

まず、プリペイドSIMを開通するためには、以下の4つを事前に準備しておく必要があります。

  • SIMフリーのスマートフォン
  • パスポート
  • 住所
  • Wi-fi環境

 

数あるプリペイドSIMの中でも、私が選んだのは、ALDI TALK3GBで7.99€の最安プランです。

これで電話番号も取得できました。

 

ALDI TALKを選んだ理由

①最小限最低価格のSIMを求めていたため

私は日本で購入したSIMフリーかつデュアルSIMのiPhone12に、楽天モバイルのeSIM

が入っている状態なので、すでに2GBの海外データローミングが利用できます。

海外移住時のスマートフォン契約については、こちらに詳しく書いています。

 

私にとってドイツの電話番号取得がプリペイドSIM購入の一番の目的なので、データ容量はほとんど必要ありません。

そのため、最小限のデータ容量で最低価格の格安プリペイドSIMを求めていました。

ALDI TALKには、3GBで7.99€の最安プランがあります。

各社最安プランを比較してみても、7.99€は激安です。

 

②スーパーで購入できるため

本来であれば、直接家電量販店や店舗に行ってその場でプリペイドSIMを購入しアクティベートまでやってもらえたので、それが一番早くて簡単な方法でした。

しかし、コロナ禍の2021年5月現在、家電量販店では陰性証明書の提示が求められます。

入店するためだけに、コロナテストを受けるのは非常に面倒くさい。

ところが、スーパーには陰性証明書がなくても入店できます。

コロナ禍の今は特にスーパーで手軽に入手できる格安プリペイドSIMがおすすめです。

ALDI TALKは、ALDIというスーパーで購入することができます。

 

③アクティベートが簡単なため

スーパーでプリペイドSIMを購入した場合、ビデオ通話で本人確認をしてアクティベートをする必要があります。

開通手続きはとても簡単で、所要時間は全部で30分ほどでした(手続きに15分、使えるようになるまでの待ち時間15分)。

ビデオでの本人確認も英語で優しく対応してくれました。

 

 

④周りで使っている人が多く、評判が良かったため

O2やTelekom、Vodafoneなど大手キャリアが主流なのかと思いきや、ゲッティンゲンには学生が多いからなのか、意外にも私の友人のほとんどがALDI TALKを使っていました。

格安SIMなので、電波状況が気になりましたが、友人は問題なく使えていると言っていたので安心してALDI TALKに決めました。

やはり口コミが一番信頼できます。

 

 

 

NEXT

電話番号が取得できたら、次のステップは③銀行口座開設です!

 

また、ドイツではWhatsAppが日本のLINEのように使われていますが、電話番号があればWhatsAppも利用できるようになります!

 

コロナ禍のドイツ移住後手続き体験記①〜④まとめ

 

コロナ禍のドイツ移住:関連記事

タイトルとURLをコピーしました