ドイツでポケモンGOをプレイして感じる海外でポケモンGOをするメリット・デメリット

ゲッティンゲン生活

ドイツでポケモンGOをプレイして感じる海外でポケモンGOをするメリット・デメリット

ポケモンGO熱が再燃

私は2016年からかれこれ5年、これまでずっと地味にポケモンGOを続けていました。

そしてドイツで暮らしているうちに、最近またポケモンGO熱が再燃しています。

意外にも、海外移住後にポケモンGOにはまるのは、私だけではありません。

私の周りでも海外に住み始めてから、ポケモンGOを再開したという方は想像以上に多いです。

なぜ海外に住むと、ポケモンGOに惹かれるのでしょうか?

今回は、ドイツでポケモンGOをプレイして感じる海外でポケモンGOをするメリット・デメリットについてです。

 

海外でポケモンGOをする5つのメリット

①地域限定ポケモンがいる

ポケモンGOには各地に地域限定のポケモンがいるので、このレアポケモンをゲットできるととても嬉しいです。

ちなみに、ヨーロッパの地域限定ポケモンは、「バリヤード」と「マネネ」です。

 

②ジムに配置しやすい

日本よりもプレイしている人の人数もガチ勢も少ないので、簡単にジムに配置することができます。

一度配置してしまえば、しばらく倒されないのでポケコインも入手しやすいです。

 

③交換距離を稼ぐことができる

日本で捕まえたポケモンと海外で捕まえたポケモンを交換すると、あっという間に交換距離を稼ぐことができます。

交換距離を稼ぐと、距離によって「パイロットメダル」がもらえます。

海外在住者に有利なシステムです。

 

④お散歩が楽しくなる

アイテムを手に入れることができるポケストップは、観光名所であることが多いので、知られざる観光名所を見つけられるのも魅力の一つです。

私は毎日のお散歩のお供にポケモンGOをするようになってから、退屈しがちなお散歩を楽しく続けられるようになりました。

 

⑤かわいいものに触れたい欲が満たされる

ドイツには、なかなか日本のようにかわいいファッションや雑貨、アニメキャラクターなどがないので、そういったものが無性に恋しくなります。

しかし、ポケモンGOでかわいいポケモンキャラクターと出会うことで、かわいいものに触れたい欲を満たすことができ、とても癒されます。

 

 

海外でポケモンGOをする2つのデメリット

①ついスマートフォンを見すぎてしまう

ポケモンGOに熱中するあまり、周囲の様子を見られなくなってしまうことがあります。

旅行中は、慣れない土地での歩きスマホは大変危険ですし、観光や現地の様子を見ることを優先した方が有意義です。

しっかり周りの様子を確認してプレイしましょう。

ちなみに、ドイツでおすすめのプリペイドSIMは「ALDI TALK」です。

 

②電池の消耗が早い

ポケモンGOでは位置情報を利用しているので、電池の消耗が早いです。

調べ物ができなくなったり写真が取れなくなったりすると一大事なので、特に旅行の際にはバッテリーを持ち歩いておくと安心です。

ポケモン愛がすごい今日この頃

ポケモンが好きすぎる

最近はポケモン愛が高まりすぎて、ハロウィンパーティーにピカチュウの仮装をして行ったり、ピカチュウのクッキーを27体分焼いたりしています。

ピカチュウの仮装で子どもたちの人気者になれたときは、ポケモンが世界中で愛されていること、共通言語となっていることに感動し、深く感謝しました。

こういった経験もポケモン愛の高まりに拍車をかけています。

 

目標はレベル40!

レベルが上がるにつれて、レベルアップの基準が高くなり難易度が上がります。

私もこの頃はずっとレベルに変化がありません。

ひとまずレベル40を目指して、これからもポケモンGO活動を続けていきたいと思います!

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました