ARMYから見た次なるBTS「ENHYPEN(エンハイフン)」の魅力

私のおすすめ

ARMYから見た次なるBTS

「ENHYPEN(エンハイフン)」の魅力

「ENHYPEN(エンハイフン)」とは

TWICEのSixteenやNiziUのNizi Projectなど、韓国人プロデューサーによるオーディション番組が話題となる今、次なるBTSを発掘すべく行われたオーディション番組が『I-LAND(アイランド)』です。

そして、全世界からの最終投票を経て、日本人を含む7人組のグローバルアイドル「ENHYPEN(エンハイフン)」が誕生しました。

2020年11月30日にデビューしています。

 

 

『I-LAND(アイランド)』とは

『I-LAND(アイランド)』は、BTSの所属事務所であるBig Hit EntertainmentとJO1を生み出した『PRODUCE』シリーズを手がけるCJ ENMがタッグを組んだ韓国発アイドルサバイバルオーディション番組です。

2020年6月26日に日本を含む世界各地で放送・配信をスタートし、9月18日に最終回を迎えました。

日本ではABEMAが独占配信しています。

 

韓国、日本、台湾、ベトナムなどから集まった23人の候補者が、グローバルアイドルとしてのデビューを賭け、113日間、生活をともにしながらダンスと歌のテストに挑戦します。

最終候補者9名で迎えた最終回では、視聴者投票とプロデューサー陣の選出により7名のデビューメンバーが決定し、「ENHYPEN(エンハイフン)」として活動することが発表されました。

 

『I-LAND』を観始めたきっかけ

私がABEMAで『I-LAND』を観始めたきっかけは、この番組にBTSが出ているからという単純な理由です。

BTSジンに沼落ちした話

 

『I-LAND』の7話目にBTSが先輩アイドルとして候補生たちに課題曲を出したりアドバイスをするシーンがあるのですが、もうさすがBTSという感じでした。

そして、それを見ている候補生たちの目がキラキラしていて本当に嬉しそうですごく良い顔をしていたのが印象に残りました。

そこから私は『I-LAND』にも興味を持ち始めます。

 

そして、これまでもTWICEのSixteenやNiziUのNizi Projectに夢中になってしまったように止まらなくなってしまいました。

最近では『Girls Planet 999』 が、ABEMAで独占配信されていますね。

サバイバル番組は、過酷すぎて胸が苦しくなることもありますが、そんな中でもアイドルになるという夢に向かって努力し続ける姿は本当に美しくて、毎回はまってしまいます。

今なら14日間無料で観ることができるので、この機会にぜひ観てみてください。

ABEMA

 

 

『ENHYPEN』メンバーについて

『ENHYPEN』メンバーについて、『I-LAND』の最終回でデビューが発表された順に、年齢や出身、練習生期間などを簡単にご紹介します。

 

  • ジョンウォン(16歳、韓国出身、練習生期間1年4ヶ月、オールラウンドなリーダー)
  • ジェイ(18歳、アメリカ出身、練習生期間2年11ヶ月、ムードメーカー)
  • ジェイク(17歳、オーストラリア出身、練習生期間9ヶ月、大きな成長を評価された)
  • ニキ(14歳、日本出身、練習生期間8ヶ月、ダンスの神童マンネ)
  • ヒスン(19歳、韓国出身、練習生期間3年1ヶ月、センター的ポジション)
  • ソンフン(18歳、韓国出身、練習生期間2年1ヶ月、元フィギュアスケーター)
  • ソヌ(17歳、韓国出身、練習生期間10ヶ月、表情管理の天才)

 

 

 

 

『ENHYPEN』の4つの魅力

①圧倒的な実力

数多くの練習生の中から選ばれた精鋭なので、本当に魅力的なメンバーが集まっていて、デビューする前から圧倒的な実力を兼ね備えています。

 

②グローバルな活躍

『I-LAND』は日本を含む世界各地で放送・配信をしていました。

候補生も韓国、日本、台湾、ベトナムなどから集まっています。

そして、世界で活躍するBTSの後輩です。

実際にデビューしたメンバーも韓国だけでなく、日本やアメリカ、オーストラリア出身のメンバーがいることからもグローバルな活躍を目指していることがうかがえます。

 

③全員10代でデビュー

なんとメンバー全員が2000年以降に生まれた10代です。

現時点でも素晴らしい実力と魅力を持っているので、今後さらに成長していくのかと思うとわくわくしますね。

無限の可能性を秘めています。

 

④BTSとの相乗効果

ENHYPENの所属は、言わずと知れたBig Hit Entertainment傘下のBELIFT LABということで、「BTSの直系の後輩」という側面を持っています。

そのため、世界的スターとなったBTSの力を使って、今後はENHYPENとのコラボレーションなどで相乗効果を狙っていくのではないかと予想できます。

 

ENHYPENが『I-LAND』や他の番組でBTSのダンスカバーをしているのをARMYとしては勝手に嬉しく思っています。

特に、ニキくんが踊ったBTSジミンちゃんソロ曲『Lie』のダンスカバーは、本家リスペクトが伝わってくる圧巻のダンスで凄すぎました。

ENHYPEN (엔하이픈) NI-KI's BTS 'Lie' DANCE COVER

これからもENHYPENとBTSのコラボレーションに期待したいです!

 

 

最後に

ここまで「ENHYPEN」の魅力についてお伝えしました。

まだデビューしたばかりなのに、すでに大人気でテレビでも連日取り上げられていますね。

そして、ついに日本デビューも果たしました!

きっと私のようにBTSからENHYPENを知り、はまっていくARMYも増えてくるのではないでしょうか。

 

個人的には、唯一日本人メンバーのニキくんのダンスがハイレベルすぎて興奮しています。

そして、ソンフンくんが美しい…!

しかし、どのメンバーも素晴らしい魅力があるので推しが決められません!

動画を見漁る日々です。

 

これからも注目していきたいと思います!

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました