それって「血液迷走神経反射」かも?ワクチン接種を前にして不安な方へ!私が突然めまいや動悸に襲われた体験談と対処法

ゲッティンゲン生活

それって「血液迷走神経反射」かも?

ワクチン接種を前にして不安な方へ!

私が突然めまいや動悸に襲われた体験談と対処法

電車の中で突然のめまい

すこぶる元気で健康な私ですが、先日電車の中で突然めまいがしてしゃがみこんだまま起き上がれなくなりました。

立ちくらみのようにサーッと血の気が引いて頭がクラクラし、目の前が白黒に点滅して、手足が冷たくなり、変な汗をかき、呼吸が荒くなりました。

 

これって何か深刻な病気なのだろうか…

自律神経失調症?

脳貧血?

パニック障害?

検索履歴に不穏な文字が並びます。

 

 

迷走神経反射

結論から言うと、私の場合これらの症状は「迷走神経反射」によるものでした。

 

原因に心当たりがない

この病気で怖いのは、全く心当たりがないことです。

原因がわからないのです。

 

私は朝ごはんも毎朝しっかり食べますし、睡眠時間も確保しています。

特にストレスもありません。

健康診断も毎回異常なしのA評価です。

貧血でもありません。

 

それでも、私は今までにも何度かこのようなことを経験しています。

今までは採血注射の後、立ちくらみのようになり病院の待合室や健康診断の会場などで倒れたことがありました。

しかし、満員電車で同じようにして倒れたのは初めてだったので、何か重大な病気なのではないかととても不安になりました。

 

お医者さんの友人に聞いてみた

偶然にも倒れた日から数日後に、お医者さんとして働く友人と会う機会があったので、この話をしてみました。

すると、すぐに「迷走神経反射だね」と即答されました。

迷走神経反射???

 

 

「血液迷走神経反射」とは

正確には「血液迷走神経反射」と言います。

 

「血液迷走神経反射」とは

血管迷走神経反射というのは、自律神経系の突然の失調のために、血圧や心拍数が下がり、脳に行く血液循環量を確保できないために、失神や目まいなどの症状が起こる病気です。

引用元:http://www.myclinic.ne.jp/ueno_nougeka/pc/free5.html

 

「血液迷走神経反射」の症状

血管迷走神経反射は、長時間の立位、温暖下での激しい運動、恐怖感や情緒的不安定、激しい痛みなどによって誘発されます。極端な場合は失神(意識喪失)が起こりますが、失神の前兆としては、ふらふら感、虚弱感、発汗、視野のぼけ、頭痛、吐き気、熱感や寒気などがあります。また、顔色が悪くなったり、あくび、瞳孔の拡大、おちつきがなくなることもあります。

引用元:http://www.myclinic.ne.jp/ueno_nougeka/pc/free5.html

 

まさに私の症状に当てはまるので驚きました。

たまに学校の朝礼中に倒れる方がいますが、これも迷走神経反射によるものだそうです。

 

ワクチン接種直後に倒れてしまうのも迷走神経反射によるもの

最近だと、新型コロナウイルスのワクチン接種直後に失神して倒れてしまう方がいますが、これもおそらく迷走神経反射によるものです。

ワクチン接種直後に倒れたことを、ワクチン接種の副反応やアナフィラキシーだと思い込んでいる方が多いように感じますが、呼吸困難など命に関わる症状がなければ迷走神経反射である可能性が高いです。

これは新型コロナウイルスのワクチン接種に限らず、採血や注射の際にも十分起こり得ます。

 

「血液迷走神経反射」の治療法

もし、血管迷走神経反射を誘発するような条件があれば、それを避けるようにします。例えば、長時間の立位、激しい運動、高温、脱水、薬、アルコールなど。前兆がくれば、横に寝て、そして、手を強く握り、腕や足に力を入れます。これで、失神の予防ができることがあります。1日2リットルの水分と塩分を十分取ることも予防法の一つです。他には、毎日、壁にもたれて、10-30分立つ訓練をする方法があります。最初は5分程度から始めます。
これらの方法で、どうしても失神が予防できない人に対しては、症状に応じて薬物療法を考慮します。

引用元:http://www.myclinic.ne.jp/ueno_nougeka/pc/free5.html

残念ですが、期待していたほどの効果的な治療法はないのだと思わざるを得ません。

 

 

血液迷走神経反射の対処法

迷走神経反射の予防

自分がすでに迷走神経反射の症状が出る可能性があるとわかっている場合、症状を誘発するような状況を回避することで、ある程度予防することができます。

 

例えば、具体的には以下のような方法があります。

  • 採血や注射は極度に恐れず横になった状態でしてもらう
  • 長時間立たないように意識して座る

 

経験者による迷走神経反射の対処法

予防をしていても全ての状況を回避できるわけではありません。

そこで、何度も迷走神経反射の症状を経験した私なりの対処法をお伝えします。

 

迷走神経反射の症状が出始めたら、以下のように対処します。

  • とにかくその場でしゃがみ頭を低くする
  • 落ち着くまで無理に動かない
  • 座って頭を下げてしばらくじっとする
  • 治って来たらポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料を飲む

 

特に満員電車内などでは迷惑をかけたくないという気持ちが強いと思いますが、我慢して倒れて怪我でもしたらもっと大変です。

具合が悪いときくらい周りに甘えて、ゆっくりと回復を待ちましょう。

 

 

まとめ

血液迷走神経反射の症状が出たときは何が何だかわからずとても苦しいですが、時間が経てば何事もなかったかのようにすっかり良くなるのがこの病気の良いところです。

以前の私がそうだったように、病院に行くほどではないけどもし何か深刻な病気だったらどうしよう?検索しても自分の症状に当てはまる病名がなくて心配!と思っている方や新型コロナウイルスのワクチン接種を前にして不安な方の参考になれば嬉しいです!

一緒に頑張りましょう!

 

実際に私がワクチン接種をしたときの記録はこちらです。

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました