ドイツ・ゲッティンゲンのクリスマスマーケットが中止に

ゲッティンゲン生活

ドイツ・ゲッティンゲンのクリスマスマーケットが中止に

クリスマスマーケットの中止を発表

たったの9日間で中止

ゲッティンゲンのクリスマスマーケットが12月1日から中止になることが発表されました。(https://www.goettingen.de/aktuelles/goettinger-weihnachtsmarkt-wird-geschlossen-2021-11-29.html

ゲッティンゲンのクリスマスマーケットは、11月22日から12月29日までの開催を予定していたのですが、たったの9日間で中止となってしまいました。

 

思ったこと

先週から新型コロナウイルスのオミクロン株のニュースが話題となり、ドイツ国内でも感染者が出始めていたので、仕方がないとは思いながらもやはりとても残念な気持ちでいっぱいです。

ドイツでは続々とクリスマスマーケットが中止となっており、ゲッティンゲンのクリスマスマーケットも開催期間中に中止になるのではないかと噂になっていました。

だからこそ、私はクリスマスマーケット開催初日から参加し、結果的に2回も参加することができました。

早めに行っておいたおかげで十分に楽しめたのは、ラッキーでした。

 

まだ寒くて暗いドイツの冬は始まったばかりで、唯一の希望だったクリスマスマーケットが中止となってしまった今、どうやってこの冬を乗り越えようか途方に暮れている人も多いと思います。

オミクロン株の影響で日本への帰国も難しくなり、中には帰国を断念した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も一瞬だけ年末年始の帰国を考えていたので、人ごとではありません。

もう2年も新型コロナウイルスに振り回され、いい加減嫌になってきます。

少し先の未来のことですらどうなるのかわからないので、今できることは今やることが大切なのだと再確認しました。

 

来年の今頃はどうなっているのでしょうか。

状況が良くなることを心から願っています。

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました