ドイツの老舗紅茶メーカーRonnefeldt(ロンネフェルト)の 「Irish Malt(アイリッシュモルト)」が私史上最高に美味しくておすすめ!購入方法や実際に飲んでみた感想について

グルメ

ドイツの老舗紅茶メーカーRonnefeldt(ロンネフェルト)の 「Irish Malt(アイリッシュモルト)」が私史上最高に美味しくておすすめ!

購入方法や実際に飲んでみた感想について

ロンネフェルトの「アイリッシュモルト」

ロンネフェルトとは

ドイツの老舗紅茶メーカー・ロンネフェルトは、1823年にヨハン・トビアス・ロンネフェルト氏によって設立されました。

優れた品質と、時間と手間をかけた製法で独自のブランドを築き上げたロンネフェルトティーは、ヨーロッパの多くの人々に愛されています。

日本でも、パレスホテル東京やフォーシーズンズなどの最高級ホテルのアフタヌーンティーで採用されているそうです。

 

アイリッシュモルトとは

アイリッシュモルトは、ロンネフェルトの紅茶の中でも一番人気で定番の商品です。

カカオとアイリッシュウイスキーとアッサムティーがブレンドされた紅茶です。

おすすめの楽しみ方

アイリッシュモルトはミルクとの相性がぴったりです。

そのままでも十分楽しめますが、ロイヤルミルクティーにしていただくとまた違った極上の美味しさを楽しむことができます。

 

 

「Irish Malt(アイリッシュモルト)」の購入方法

ドイツのスーパーでは売っていない

残念ながら、ロンネフェルトのアイリッシュモルトはドイツでもスーパーでは売っていません。

心底アイリッシュモルトに惚れ込んでいた私は、ドイツに移住してからスーパーに行くたびに紅茶コーナーで血眼になって探していました。

今でもたまに探していますが、出会えたことはありません。

でもまたその簡単には手に入らないレア感が、さらに手に入れたい欲を加速させます。

ここからは、私が実際にロンネフェルトのアイリッシュモルトを手に入れた購入場所を3つご紹介します。

 

方法①Galeria Kaufhofで購入

私が初めてアイリッシュモルトに出会ったのは、ミュンヘンのGaleria Kaufhofというデパートの食品売り場です。

Marienplatzにある大きなデパートなので、すぐにわかると思います。

数年前にミュンヘンを訪れた際、先輩に「すごく美味しい紅茶があるよ!」と教えてもらい、言われるがままに購入したのですが、家で飲んでみると感動の美味しさで言葉を失いました。

そこからミュンヘンに行くたびに欠かさずチェックして大量に購入していたのですが、あるときいつもアイリッシュモルトが置いてあるところに別の紅茶が並んでいました。

アイリッシュモルトを買わずして日本に帰れない!と思った私は他の購入方法を探しました。

 

方法②Tea Houseで購入

様々な場所を探し回り、ミュンヘンのSendlinger Tor駅の近くにある「Tea House」でアイリッシュモルトと再会することができました。

ここでは様々な種類の茶葉を取り扱っていて、紅茶好きにはたまらない空間でした。

一緒にアールグレイやチャイも購入しました。

 

方法③Amazonで購入

さて、今までミュンヘンでの話ををしてきましたが、私が移住したのは大都会ミュンヘンではなく学生街ゲッティンゲンです。

素敵な高級デパートなんてものはありません。

途方に暮れてしばらくは考えないようにしていたのですが、日本食をAmazonで買い揃えていたときにふとアイリッシュモルトもAmazonで買えるのでは?とひらめきました。

さっそく検索してみると、見事にヒット!

無事にアイリッシュモルトを手に入れ続ける方法を見つけることができました。

 

アイリッシュモルトの価格

ドイツ版Amazonだと、100gのアイリッシュモルトを約900円で買うことができました。

日本では同じ100gで2000円ほどする高級な紅茶ですが、ドイツだと手頃に楽しめそうです。

日本のネットショップでも購入することができます。

 

 

実際に飲んでみた感想

甘い香りで幸せな気持ちになれる

アイリッシュモルト独特のカカオとウイスキーの甘くて香ばしい香りは、紅茶をいれた瞬間から人を幸せな気持ちにさせてくれます。

その一方で、アッサムティーの深みのある紅茶の味わいがクセになります。

続いて、ロイヤルミルクティーにしていただきました。

ミルクと一緒にいただくことで、渋みが弱まりより一層フレーバーが引き立って飲みやすく優しい味になります。

アイリッシュモルトのおかげで、毎日のティータイムがさらに楽しみになりました。

本当におすすめなので、ぜひ試してみてください!

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました