語順 / Wortstellung 【5分で学ぶドイツ語文法ノート】

ドイツ語

語順 / Wortstellung 【5分で学ぶドイツ語文法ノート】

 

まとめ:「5分で学ぶドイツ語文法ノート」

語順 / Wortstellung

動詞は2番目

ドイツ語では、基本的に動詞は文の2番目に来ます。

  • Ich schwimme gern.(私は泳ぐのが好きです)
  • Ich spiele gerne Basketball.(私はバスケットボールをするのが好きです)

 

Wで始まる疑問文でも、動詞は2番目です。

  • Was spielst du gern?(あなたは何をするのが好きですか?)
  • Wo spielst du gerne Fußball?(あなたはどこでサッカーをするのが好きですか?)

 

ただし、答えが「はい/いいえ」の疑問文は、動詞が最初に来るので要注意です。

  • Joggst du gern?(ジョギングは好きですか?)
  • Fährst du gern Ski?(スキーは好きですか?)

 

副詞で始まる文

動詞が2番目という原則に従ってさえいれば、文の最初に来る副詞は自由に選ぶことができます。

例えば、強調したい副詞を最初に持って来ることができます。

  • Ich esse jetzt ein Brot.(私は今パンを食べています)
  • Jetzt esse ich ein Brot.(今、私はパンを食べています)[文頭にJetzt]

 

副詞が文頭に来る場合も動詞が2番目という原則が優先されるので、主語と動詞の順番が入れ替わります。

  • Ich habe heute Geburtstag.(私は今日誕生日です)
  • Heute habe ich Geburtstag.(今日、私は誕生日です)[動詞の後ろに主語]

 

目的語で始まる文

目的語で始まる場合も副詞で始まった場合と同様に、目的語を1番目の要素と考え、主語と動詞の順番が入れ替わります。

  • Ich habe heute Geburtstag.(私は今日誕生日です)
  • Geburtstag habe ich heute.(私誕生日なの、今日)[動詞の後ろに主語]

 

とにかく動詞は2番目という原則は絶対なので、主語以外のものが文頭にある場合、主語よりも先に動詞が来ます。

 

TeKaMoLoの原則

「TeKaMoLoの原則」とは、ドイツ語の文は「いつなぜどのように→どこ」の順に置かれるという基本ルールです。

Temporal(時間)Kausal(理由)Modal(様態)Lokal(場所)の頭文字から「TeKaMoLoの原則」と言われています。

  • Ich(subject) fahre(verb) morgen(Temporal) wegen einer Konferenz(Kausal) mit dem Auto(Modal) nach Berlin(Lokal).
    明日は会議のために車でベルリンへ行きます)

 

  • ①いつ(Wann?):Temporal(時間)
  • ②なぜ(Warum?):Kausal(理由)
  • ③どのように(Wie?):Modal(様態)
  • ④どこ(Wo?Woher?Wohin?):Lokal(場所)

語順に迷ったときは、このように「TeKaMoLo」の順に並べましょう。

 

 

関連記事

タイトルとURLをコピーしました